脱うつへの道しるべを記した無料メルマガ配信中!
サイトウ作のデッサン画

デッサンモデルのアルバイトしてきた。うつ病を軽くする視点とは?

 

こんにちは!コキリです。

 

この記事では、デッサンモデルのバイトと絡めつつ、うつ病を軽くする視点について話していきます。

 

コロナ禍で今、いろんな仕事に変化が出てきています。

今回は、コロナでデッサン会(10人くらいでモデルを囲って描く)ができなくなった画家さんの、個人デッサンモデルをしてきました。

 

デッサンモデルの写真

 

 

知り合いからの紹介でしたが、普通に応募もできる案件でした。

 

私は普段はうつ病相談などをしていますが、たまにいつもと違う仕事をすると刺激になるし、楽しい。楽しんでお金ももらえるから、一石二鳥です。

 

案外「ANYTIMES」や「ジモティー」などで検索してみると、このようなお仕事は転がっていたりします。

全然知らない人は怖いかもしれないので、アプリの「評価欄」を参考に挑戦してみると貴重な体験ができるかもしれません。

 

うつ病のときって、新しいことをすること自体がものすごく怖かったりします。

その気持ちはすごく分かります。

私は電話に出たり電車に乗ったりすることすら、怖くてできなくなったことがあります。

 

そんなときにムリをする必要はないのですが、殻を破って1歩外に出てみると気分が変わるのも事実です。

 

うつがしんどい、苦しい、ばかり考えてしまうときは、えいっと外に出ていつもと違う体験をしてみると苦しさが和らいだりします。

意識を「うつが苦しい」から別のところに向けるのです。

 

仏教では意識を広げることで「苦しい」以外の感情が心に入る隙間を作ることがとても大事になってきます。

 

 

話を戻します。

待ち合わせは都内の駅改札。

10分くらい歩いて、画家さん(以後サイトウさんと呼ぶ)のアトリエ兼自宅に到着。作品や絵の具、筆などがたくさん置いてある、まさにアトリエって感じの部屋でした。

 

アトリエの写真

 

アトリエに入ったことがなかったので、私の目にはとっても新鮮に映りました。

 

筆の入れ物がチップスターなのが可愛くて突っ込んだところ、

「チップスターが丁度いいんだよね」

とのこと。笑

 

 

 

私はモデルの経験が全くなかったので、90分も動かないでいられるかが1番心配でしたが、全くの杞憂でした。

 

「ソファに座ってスマホ触ってていいよ」

とサイトウさん。

 

ええ?

そんなゆるくていいの? 

 

ほんとに、ソファでスマホ見ながら、お喋りしているだけでした。

サイトウさんがずっと話してくれるので、退屈することもありませんでした。

 

15分に1回くらい休憩があったけど、ずっと休憩しているようなものだったので、ほとんどスルーしました。

 

サイトウさん曰く、

「普段のデッサン会では10人くらいでモデルを囲んで、4、5時間やるんだよ。そのときはモデルも動けないから大変だと思う。今回は個人でやってるから、気楽に自由にね」

とのこと。

 

なるほど。通常のデッサンモデルは大変そうですね。

休憩があるにしても、長時間ポーズをとって動かずにいなければいけない。

描いてる人が10人もいたら緊張もしそうです。

 

 

モデルをしている間、私はずっとソファに座っていましたが、サイトウさんは座ったり立ったり場所を変えたりして、いろんな角度から描かれていました。

 

サイトウさんがデッサンしている写真

 

人の顔って見る角度によって全然違う。

普段自分の横顔とかあんまり見ないから、自分の顔でも知らないことって多いよね」

とサイトウさん。

 

ふむ。

私達は普段、自分が見ているものが全てと思いがちだけど、決してそんなことはない。

一旦立ち止まっていろんな角度から見てみると、今までにはなかった気付きがあるかもしれません。

 

たとえば、うつになると

苦しい苦しい、あのブラック起業の上司のせいでうつになってしまった

とばかり思ってしまうかもしれませんが、ちょっと角度を変えて見てみるといいかもしれません。

 

ブラック起業に勤めることになった自分の生き方はどうなのか。

本当に自分らしく生きてきたかな。

嫌な上司は、実は強いコンプレックスをもっていて、それを部下にぶつけている可哀想な人なのではないか。

とか。

 

うつ病はくるしいばかりだと思っていたけど、視点を変えて見てみると、ここから自分らしく生きるチャンスを得られたんじゃないか

とか。

 

サイトウさんは、

「自分の顔でも知らないことって多い」

と言われていましたが、

 

自分のことも知らないことはいっぱいあります。

普段何を考えているか、どんな価値観を持っているかすら自分のことでも分かっていないことはよくあります。

 

仏教の基本は広い視野と長い目

ということを、私は常に言っています。

 

広い視野とは、1点のみを見つめるのではなく多角的に見ることです。

客観的にいろんな角度から自分を知ることは、うつ病治療にはもってこいです。

自分を客観的に多角的に見ることで、なんでうつになったのか、うつになった意味は、なんで苦しいままなのかなどが分かってきます

ただひたすら、苦しい感情に埋もれていてはうつ病は治りません。

 

 

話がだいぶずれましたが、デッサンモデルに戻します。

 

サイトウさんと楽しく話しているうちに、90分はあっという間に経っていました。

 

出来上がったデッサンはこちら↓↓

サイトウ作のデッサン画

 

サイトウ作のデッサン画

 

このほかにも、何枚か描かれていました。

 

出来上がったデッサンを見ると、私の特徴が的確に捉えられてて、

「おお、私やん」

って思いました。笑

自分の姿が絵になるってことが、シンプルにすごく嬉しかったです。

 

90分のモデルを終えて、モデル料3500円+交通費をいただき、帰路につきました。

 

画家さんという普段あまり出会えない方の貴重な話を聞けたり、モデルの体験ができたりと、本当に刺激的な楽しい時間となりました。

 

うつが辛い方も、ぜひ1歩外に出て、うつ病以外のことを考えざるを得ない時間を作ってみてくださいね。

 

ではでは。

 

サイトウさんのインスタはこちら↓

saito.katuya

 

 

数か月後…..

素敵な色をつけていただきました↓↓

 

コキリの絵画(サイトウ作)

 

 

「仏教で脱うつへ」無料メルマガ

 

管理人の小説

『苦しみを吸い取る少女、ナラ』

連載中です。

ぜひご覧ください!

サイトウ作のデッサン画
最新情報をチェックしよう!
>無料メルマガ発行中!

無料メルマガ発行中!

なぜコキリは11年も苦しんだうつから脱却できたのか。「脱うつへの道しるべ」が受け取れるメールマガジン配信中です。脱うつ仏教の教え。

CTR IMG