無料メルマガにて「脱うつ病」情報発信中!
絶望と希望の詩

このまま苦しむか死ぬしかないと思っていた時代が確かにあった

こんにちは!コキリです。

 

いきなりですが、私は死ぬのが怖いです。

だから自殺しようとか、死のうとか思ったことはなかったし、思うこともないと思っていました。

 

それがうつになったとき、初めて、

この苦しさが続くなら生きていたくない

と思いました。

 

これは、私にとっては、青天の霹靂でした。

自分が、死ぬことを考えるなんて。

 

うつで苦しいときは、

死ぬの怖い

っていう気持ちより、

もうこの苦しさから逃れたい

って気持ちのほうが大きくなったのです。

 

 

さて、一時は

まで考えた私ですが、

初めてうつ的な症状が出てから10数年、今は、

生きてるって素晴らしい

って思ってます。心から。

 

だって、生きるのって

楽しいし、

気持ちいい

から。

 

もう今は完全に

死から生へと

興味が移行してしまっています。

 

では、どうしてコキリは絶望から脱することができたのか?

楽しくって気持ちいい生き方とはどんなものか?

今日のお話、始めます。

 

小2のとき「死」への恐怖が始まった

カラスの画像

 

私はまだ幼かったころから死ぬのが怖かった。

正確には小学2年生くらいから、この「死」に対する恐怖は始まった。

 

きっかけは忘れてしまったが、小2のときに自分が死ぬことを知ったのだ。

それまでにも飼っていた金魚やひよこが死んだことはあったが、

「自分が死ぬ」

ということには思い至っていなかった。

 

自分が死ぬことを知ったあとは、居ても立っても居られなくなった。

すごく怖くなった私は、父に相談した。

「私もいつか死ぬの?」

と尋ねると、父は、

「みんないつか死ぬよ」

と教えてくれた。

この父の言葉で「自分の死」が確信に変わり、そのときから、夜、布団に入ったときなどに死ぬことを考えると恐怖に襲われた。

 

私の実家はお寺だから、お坊さんの祖父に

「死んだらどうなるの?」

と聞いてみたこともある。

祖父は、

「死んだら〇〇(忘れた)って場所に行くんだよ」

と教えてくれた。

場所は忘れてしまったけど(←おいっ)、とにかく死んでも行く場所があるらしい。

 

だけど、祖父の言葉で私の死に対する恐怖が消えたわけではなかった。

私はやっぱり、死ぬのが怖くて、1人うじうじと悩み続けていた。

 

それは大人になってからも変わらなかった。

大人になったらいろんなことが怖くなくなると思っていたのに、そんなことはなく、ちゃんと死ぬのが怖いままだった。

 

大学生のときには、いろんな本で「死」について勉強した。

 

死んだら天国に行くとか地獄に行くとか輪廻転生で生まれ変わるとか、死んだらそれで終わりとか、いろんな意見を読み聞きしてきた。

 

だけど私にはそのいろんな死んだあとのことがどれも信じられなかった。

 

信じられたらいいのにとは思っていたけれど、お経を調べてみても、聖書を読んでみても、大学の先生の話を聞いてみても、どうしても「人は死ぬ」というところまでしか信じられなかった。

 

そのあとどうなるかは、分からないとしか言えなかった。

 

何か大きなものに寄りかかりたい気持ちもあった。

それが思想なのか、宗教なのか、人なのか、本なのか、他の何かなのか分からない。

何かを信じることができたら「死への恐怖」から解放されるのではないかと思った。

しかし、信じよう、と思って信じられるワケもなく、結局「死への恐怖」を持て余したままだった。

死への恐怖から脱したうつ病期

海辺に立つ女性

 

そんな私が、初めて、ある意味「死への恐怖」を克服した瞬間がある。

 

当時大学3回生。

うつ病発症したての頃だ。

 

交通事故から本格的なうつになってしまい、毎日寮の布団の中で過ごしていた。

 

事故直後はまだよかった。

頭の痛み(額を15針縫った)と顔の腫れで何も考えられなかったから。

 

胸のほうがおかしくなったのは、そろそろ授業に出られるかなと思い始めたときだった。

頭の中が「苦しい」という言葉で覆われ、苦しい以外は考えられなくなってしまったのだ。

 

周りから色が消えた。

面白い物語が面白くなくなり、おいしい寮食がおいしくなくなった。

 

胸の中には濃く黒い霧が充満し、完全にプラスの感情を覆い隠してしまった。

 

苦しい時間が永遠に続くように感じて、

そのことが何より苦しかった。

 

この頃初めて、この苦しさがずっと続くなら生きていたくないと思った。

積極的に死にたい訳ではなく、生きていたくないのだ。

 

このときまで頭に自殺が浮かんだことは1度もなかった。

死ぬほど辛いなら逃げるのもありだと思っていた。

死んだら家族や友達が悲しむとも思っていた。

 

だけど逃げられない苦しみがそこにはあった。

苦しみが影のように後ろをついて来るのだ。

 

私は、

「死ぬっていう方法もあるよ」

と自分に言った。

 

そう言うことで少し楽になることに気が付いた。

 

だから何度も、

「死んでもいいよ」

と自分に向かって言った。

こうやって死を自分に近づけることで生きようとした。

 

死んでもいいのだ。

そう思うと胸の重りが少し軽くなった。

 

このとき、私を悩ませている

「死ぬのが怖い」

という感覚はなくなっていた。

 

苦しさにもがいているとき、死は恐怖の対象ではなく、自分を苦しさから救ってくれるものに変わっていた。

 

私は、まさに、

苦しむか死ぬか

という選択を突き付けられていた。

他に選択肢はないように思えた。

 

「楽しい&気持ちいい」で過ごす脱うつ後

犬を抱いている画像

 

苦しむか、死ぬか、の絶望の淵にいた私が、なぜ、今はこんなに幸せいっぱいに生きているのか。

 

それは、苦しみに身も心も覆い尽くされているときも、やっぱりどこかに希望の入り込む隙間があったからだと思う

 

希望に気付けたときに、苦しむことの意味にも気付けたし、「書く力」という素晴らしいメソッドに出会って脱うつすることもできたのだ。

 

冒頭に書いたように、脱うつ後の私は、

楽しい&気持ちいい

を大事にしている。

 

「書く力」の課題にもあるのだが、自分の楽しいこと&気持ちいいことを知るのは大切だ。

 

私の場合は、

楽しい↓↓↓

・読書(ワクワクする)

・友達との交流、飲み会

・旅行(知らない土地に立つとドキドキ)

・洋画(外国の風景見ると楽しくなる)

 

気持ちいい↓↓↓

・執筆(小説やブログ)

・読書(気持ちいいホルモンが出る、いつもじゃないけど)

・洋画(外国語を聴くのが気持ちいい)

・マッサージ(オイルより整体派)

・温冷浴(湯舟と水風呂に交互に入る)

・睡眠

・お酒

・シャシャ(飼い猫)のお腹とお尻(モフモフでホントに気持ちいい)

等々。

 

ちなみに、シャシャです。↓↓↓

シャシャの写真

 

 

自己分析ってすごく大事で、自分のこと知らないと元も子もない。

 

楽しい事しよーって思っても、

あれ?

私って何したら楽しくなるんだろう?

では困る。

 

もちろんうつのときは、

「楽しい」

とか

「気持ちいいい」

なんて感情自体消え去ってしまう。

 

そんなときはしっかり休んで、できるときに自分と向き合ってみる。

自分って何が楽しいんだろう?

何したら気持ちよくなるんだろう?

という風に。

 

「書く力」を実践して脱うつした後、私は自分のことがよく分かるようになったから、何かするときに迷いが少ない。

嫌なことはやめて、好きなことのみで生きている。

部屋の中も好きなもので囲まれている。

人って好きなものに囲まれていると幸せだから。

大好きな読書や執筆は毎日するし、コロナになる前はよく旅行もしていた。

 

今、こういう生活があるのは、

苦しみ or 死

しかないと思えたときも、希望の入り込む隙を許していたからだ。

そして、私だけではなくて、みんなこの隙間を持っている。

気付いたときに分かるのだ。

 

第3の選択肢

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

この記事を書いたのは、あなたに、

「苦しみ or 死」  

以外の選択肢に気付いてほしかったからです。

苦しいときにも、通って来るすきま風に目を向けてみてください。

 

ちなみにこの記事のサムネイル画像にもなっているこれは、うつで苦しんでいた25歳のときに私が書いたものです。↓↓↓

絶望と希望の詩

 

絶望と希望の狭間で苦しんでいたのが分かります。

 

では、今日はこのへんで。

 

「脱うつ病」の情報を受け取れる無料メルマガ

 

管理人の小説

『苦しみを吸い取る少女、ナラ』

連載中です。

ぜひご覧ください!

絶望と希望の詩
最新情報をチェックしよう!
>無料メルマガ発行中!

無料メルマガ発行中!

なぜコキリは10年も苦しんだうつを改善できたのか。「脱うつ病」の情報が受け取れるメールマガジン配信中です。

CTR IMG