『苦しみを吸い取る少女、ナラ10』公開しました。今、苦しい人、ぜひ読んでみてください。
ナラの後ろ姿の絵

 

10

モナカが教えてくれた道を通って、ナラは商店街を目指した。途中、これもモナカが教えてくれた通り、見事なラベンダー畑の前を通りかかった。紫に咲き乱れる可愛い花びらから、濃厚な香りが漂って来る。

「わあ、綺麗。満開だわ。ラベンダーって今の時期なのかしら」

四季のない街に住んでいたナラは、何月にどんな花が咲くかなどあまり詳しくなかった。

ラベンダー畑を過ぎて、しばらく歩くと、やっと、人通りの多い道に出た。さらに歩くと、モナカの言っていた商店街に辿り着いた。

八百屋、肉屋、服屋、靴屋、小さなスーパー……。それに、サトウキビジュースの屋台、おやきの屋台、チキンスープの屋台……。見ているだけで楽しい素敵なお店が所狭しと並んでいる。ナラは一目でこの商店街が好きになった。

肉屋の前では、背の高いおじさんが鶏を丸焼きにしていて、香ばしい香りに自然と足が止まった。

「ラベンダーも素敵だけど、こっちもいいわね」

ナラは、チキンを一つ買うことにした。

「おじさん、焼けてるのある?」

「いらっしゃい。こっちにあるよ、足でいいかい?」

「ええ、ありがとう」

ナラは大きなチキンの足を受け取って、お金を払った。

「お姉ちゃん、旅人かい?羨ましいね。俺も自由に羽ばたいてみてえなあ、なんてな」

「あら、なら、おじさんも旅に出たらいいわ。この国は旅人に、とっても優しいもの」

ナラは当たり前のように口にした。

「そう簡単には行かねえよ。この店があるし、家には年取ったお袋がいるし、それに」

「それに?」

「もう年だしな」

寂しそうにつぶやく彼の顔を見て、ナラも寂しくなった。

チキンを片手に、ナラは商店街を歩いた。おいしくって夢中でかぶりついた。だけど、食べながら思い出されるのは、さっきのおじさんの表情だった。

旅に出たいなら出たらいい、とナラは思う。だけど、現実はそんなに簡単じゃないらしい。考えてみれば、家族がいないからナラは誰にも反対されることなく、自由に旅ができるのかもしれなかった。もし、両親や祖母が生きていたら、ナラが旅人になることに賛成しただろうか。

ふと、目の前を、見知った顔が通り過ぎて行った。

「モナカっ」

ナラが声を上げると、ふわふわのロングヘアが振り向いた。彼女は素敵なワンピースを身に付け、何と、博物館のお兄さんと手を繋いで歩いていた。

「ナラ、もしかしたらあなたに会えるかもって思ってたのよ」

「モナカ、昨日の今日とは思えない急展開ね」

モナカは恥ずかしくなったのか、頬を赤らめた。隣の彼は、ニコニコしている。

モナカがナラに近付き、耳元でそっと囁いた。

「あのね、私ってもう三十歳でしょ?恥ずかしがってる年齢じゃないし、早くゴールインしたいのよ」

「あら、何歳で結婚したっていい筈よ。恋も結婚も自由だもの」

「だけど女は子ども産むリミットもあるし、ね。ちょっとは焦らないといけない年なのよ。若すぎるあなたには分からないかもしれないけど」

ナラは少し、嫌な気分になった。大人はどうしてそんなに年齢のことを気にするのだろう。ううん、子どもでも、同じだわ。

ナラは、学校に通っていたときの友達、アンのことを思い出した。彼女は何故かいつも、焦っていた。もう十歳だから大人らしくしなきゃとか、早く将来のことを考えなきゃとか。

ナラは、肉屋のおじさんの寂しそうな顔を思い出した。

「もう年だし」

それは、希望をしぼめる嫌な言葉だと思った。

「ナラ、よかったら今日も泊まって行っていいのよ」

モナカは何だか楽しそうだ。

「ありがとう、モナカ。でも、いいの」

「そう?でも、気が変わったらいらっしゃいね。じゃあ、私達、そろそろ行くわ」

彼としっかり手を繋ぎ、歩いて行くモナカの後ろ姿は、出会ったときとは似ても似つかなかった。自信を取り戻した彼女が、彼と幸せになることを、ナラは心の中でそっと祈った。

モナカと別れたナラの足は、自然とさっきの肉屋さんの方に向かっていた。

おせっかいでも、構わない。ナラは、悩んでいる人を放っておけなかった。

「おや、お姉ちゃん、食べ終わったのかい?骨はもらうよ」

「ええ、ありがとう」

おじさんは焼けた肉を切り分けている。分厚い手のひらが職人を思わせる。

「おじさん、ちょっとお話いい?」

「ああ、いいよ。旅の話を聞かせてくれるのかい?」

「それもいいけど、おじさんの話をしたいの」

「俺の?」

おじさんが手の動きを止めた。

「まず、お名前教えてくれる?」

「なんだ、占いかい?俺は、ディエゴってんだ」

ディエゴが、かがんでナラのほうにツンツン髭のほっぺたを差し出した。

ナラはそこに挨拶のキスをした。

「私はナラ。占いって訳じゃないんだけど、おじさんの問題を解決したいの」

「俺の問題?」

「ほら、旅に出たいって言ってたじゃない」

ディエゴが、ああ、という風に頷いた。

「解決するったって、言った通り、俺にはこの店があるし、お袋だっている」

「お母さんは、病気なの?」

「いんや、そういう訳じゃねえけど」

ディエゴが口をもごもごと動かした。ナラは、続けた。

「お母さんが元気なら、少しくらい、家を空けたって平気よ。それに、お店だって、ディエゴが旅に出てる間、誰かに任せたらいいんだもの」

「いやいや、俺はこの年まで旅に出たことねえし、今からだなんて遅すぎるよ」

「そんなことないわ。友達のライトって子のおじいさんは、生涯冒険家だったのよ」

ナラはライトの顔を思い出しながら話した。

「そりゃ、旅人の才能があったんだろうよ。俺は、肉のことしかできねえし……」

「ディエゴって言い訳ばかりね」

ナラが呆れたように、彼を見た。きっと、彼が旅に出られないのは、お店があるからでも、年老いたお母さんがいるからでもなく、一歩踏み出す勇気がないだけなのだ。

「ディエゴ、私、あなたに勇気を出してほしいのよ。だから、やるわ」

「やるって、何を……」

ナラは彼に近付き、大きな体に腕を回し、意識を集中した。すると、ナラの中にディエゴの感情がシューっと入って来た。

辛い三分間をやり過ごすため、ナラは肉屋の側の路地に腰掛けた。ディエゴが追い掛けて来て心配そうに覗き込むのを、ナラは手で制止した。

ナラの中を巡っているのは、恐怖に不安に諦め、劣等感……。少し、誰かのときと似ている。

そうだ、これはジョウの感情に似ているんだわ。何かを諦めるときの嫌な気持ち。あのときは、確か、大好きな彼女。今は、旅に出たいという夢。だけど、違うのは、今回は大きな恐怖があるってこと。ジョウのときよりずっと大きな恐怖。新しいことに挑戦するのは、こんなにも怖いことなのかしら。

ナラは考え続けた。考えている間に、三分が過ぎてくれるのを待った。

ジョウは確か、お金がないことで悩んでいた。お金がないから彼女を幸せにできないって。ディエゴは、もう若くないってことで悩んでる。大人は、お金とか年齢のことで悩む運命なのかしら。

三分間ずっと考えていたせいか、ナラの中からディエゴの感情が消えた後も、ナラはぐったりしていた。だけど力を振り絞って顔を上げ、話し掛けた。

「私、ディエゴの感情を吸い取って消しちゃったの。気分がよくなったでしょ?」

ナラの言葉に、ディエゴが頷いた。

「ああ、いや、驚いたな、こりゃ。俺はすっかり魔法にかかっちまったみたいだ」

「魔法?」

「ああ。なんていうか、俺ん中から、恐れる気持ちが消えたみてえだ」

それを聞いたナラは、嬉しくなって、やっと笑うことができた。

「もう、旅に出ることが怖くなくなった?」

「ああ。今なら行けそうな気がするよ。ああ、ナラ、君は大丈夫かい?」

ナラは、ゆっくりと立ち上がった。

「ねえ、今日うちに泊めてもらえない?旅の話を聞かせてあげる。お母様にも挨拶したいわ」

ディエゴの家を予約したナラは、彼の仕事が終わるまで、また商店街をぶらぶらすることにした。雑踏の中で、ナラはまた考えに耽った。大人になる苦しみについて、思考が、止まらなくなってしまったのだ。

 

11につづく

本好きな方へ

管理人が感動した本を厳選して紹介しています。

ぜひご覧ください!

ナラの後ろ姿の絵
最新情報をチェックしよう!
>コミュニティのメンバー募集中!

コミュニティのメンバー募集中!

「うつ病コミュニティ kokiri班」のメンバーになって「自分力」を鍛えていきませんか?実際に課題をこなしていくことで、自分を知り、癒し、活かしていきます。

CTR IMG