無料メルマガにて「脱うつ病」情報発信中!
真っ暗な洋館の写真

うつ病最盛期に私がやらかした5つの黒歴史

 

こんにちは!コキリです。

 

うつ病全盛期、苦しさで周りが全く見えなくなっていたとき、私はかなり中二病的なことをやらかしました。

 

今思い出すと、恥ずかしさで胸がやられそうになります。

だけど、当時は苦しさのあまりやってしまった行動でした。

 

今日は私の黒歴史をランキング形式でお話します。

あたたも同じ道を歩まないように、ぜひ参考にしてみてください。

では、黒歴史TOP5、始めます。

 

第5位  寮の友達や先生に苦しいと言いまくる

メガホンで叫ぶ女性

うつ病になっとき、まず思ったことは「恥ずかしい、誰にも知られたくない」だった。

だから、私は必死に隠そうとした。

当時、大学生で女子寮に住んでいたにもかかわらず、廊下で誰かに会うと平気なフリをした。

ルームメイトの後輩はさすがに何かおかしいことに気付いていたと思うが、何も言わないでいてくれた。

 

 

しばらくして、症状が少しよくなってくると、私の気持ちに変化が現れた。「うつ病になって恥ずかしい」から「この苦しさを分かってほしい」に変わってきたのだ。

私は、寮の友達、母、部活の後輩、大学の先生などに「今こういう状態で本当に苦しいんです」と言いまくった。

みんな同情してくれ、「大変だね、ゆっくり休んでね」と言ってくれた。

 

 

だけど、話している間に、「ごめん、しんどくなってきた」と言われたことがあって、ハッとした。

彼女は寮の友達だったが、感受性が強いのか、うつ的傾向があるのか、私の話をダイレクトに受け取りショックを受けていた。

彼女の様子を見て、私は反省した。自分の苦しみが伝染してほしくない。

人によっては話を聞くだけで、辛いのだ。

 

 

うつの話を聞くだけで苦しくなる人がいることをこのとき知った。

 

 

人に話すことで楽になる自分を感じていた。

誰かに聞いてほしいという欲求を満たしたかった。

だけどそのために友達を傷つけてしまった。

 

これ、ほんと反省してます。

 

第4位 就職&やめるを繰り返す

2014年、私は東京に来た。

上京当初はやる気満々で、希望に溢れていた。

これからどんな出会いがあるだろう、どんな生活が待っているんだろうと思い、ワクワクしていた。

 

 

初仕事は泊まっていたゲストハウスの清掃だった。

10日間の宿をとっていたのだが、オーナーから、「1日3時間ベッドメイクや清掃の仕事をしてくれたらタダで泊めてあげるよ」と言われ、ありがたくやらせてもらうことにした。

 

 

その間に、きちんと東京に腰を下ろすための仕事を探した。

見つけたのは元々興味のあった知的障害者の作業所のスタッフの仕事で、住まいもシェアハウスに移し、通勤用の自転車も購入し、順調だった。

 

 

しかし、就職してわずか7ヶ月、椎間板ヘルニアからのうつ病再発で、折角見つけた仕事を辞めてしまった。

 

 

うつになると、色んなことがどうでもよくなってしまう。

自暴自棄気味になり、

 

もう、どうにでもなれ。

私は一生うつ病から逃れられないんだ。

くそっ。

 

と思い、全てを放り出してしまったのだ。

 

 

しばらくして症状がよくなると、やっぱり頑張らなきゃという前向きな気持ちが出てきてまた、就職するのだが、結局数か月から数年でうつが再発し、辞めてしまった。

 

 

ちなみに、うつで辞めてきた仕事がこちら。↓

知的障害者施設のスタッフ

ドーナツ工場アルバイト

火鍋のお店夜勤

中華食堂ホール兼通訳

日本語家庭教師

六本木ヒルズ免税カウンター

カフェの中国語スタッフ

 

最短記録は、1番最後の「カフェの中国語スタッフ」で、わずか1日だった。気合を入れて1日目をやり切ったのだが、気合を入れすぎたのか次の日から寝込んでしまい、次の出勤日にはひどいうつ状態で動くことができなかった。

 

 

就職&うつで辞めるを繰り返して、何よりマイナスだったのは、自信を喪失してしまったことだ。

 

ああ、またダメになってしまった、ダメ人間だ。

もう、まともな仕事になんて就けないんじゃないか。

どうやって生きていったらいいんだ。

 

こんな風に絶望してしまった。

その後「書く力」に出会い、うつを改善するまではひどい有り様だった。

 

第3位 大切なアルバムをビリビリに破る

破れたハート

六本木ヒルズの免税カウンターの仕事をうつで辞めた2018年、当時住んでいたシェアハウスの一室で、私は1人うつうつと布団の中で過ごしていた。

 

うつが悪化して何日か経ったとき、何故かすごくイライラすることに気が付いた。

イライラが体の内側からフツフツと湧いてきて抑えられない。

うつのときにイライラすることはこれまでもあったけど、ここまでではなかった。

 

何を思ったか、本棚から大事にしていたアルバムを抜き出し、それをビリビリに引き裂いた。

何だかすごく自分の顔が醜い気がして、顔の部分をグチャグチャにした。

アルバムの残骸を目の前に、自分の中にある怒りの存在に気が付いた。

それは恐ろしいパワーを持っているように感じた。

 

うつが内側に沈んでいくのに対し、怒りは外へ外へと出たがった。

コンビニに入ると商品を壊したい衝動に駆られ、本屋に行くと本を破りたい衝動に駆られた。

いっそ実行して警察に捕まったほうが楽なのではないかとさえ思った。

 

 

怖い

私は爆発するかもしれない

どうしよう

怖い、怖い

 

今思い出したら、相当やばい精神状態だったと思う。

のちに自分と向き合って「怒り」の正体が分かってからは物を壊すことはなくなった。

 

もう2度とあの状態には戻りたくない。

 

ちなみに、そのとき、破ったアルバムがこちら。↓

破ったアルバム

第2位 抗うつ薬を勝手にやめて発狂する

薬の写真

うつで沈んでいたとき、友達から

「俺もうつだったけど薬が嫌で、頑張って断薬したよ」

という話を聞いた。

 

 

断薬という言葉を聞いて、試してみる価値があるかもしれないと思った。

実際に薬がどの程度効いているのか知りたいし、この辺で1度薬の飲み方を見直してみてもいいのかもしれないと思ったのだ。

 

 

だけどその友達から、

「断薬は離脱症状が出るし、1度じゃ上手くいかなかった」

と聞いて迷った。

 

 

離脱症状を調べてみると、

「薬物やアルコールなどの嗜好品を中止や減量した際に生じる様々な身体的、精神的症状のこと」

とある。

様々な症状とは、不安、イライラ、幻覚、めまい、吐き気、しびれ等、人によって異なるということだ。

 

 

悩んだけれど、何か新しいことを試してみたいという気持ちもあり、断薬を実行することにした。

このとき、えいっと一気に、飲んでいた薬を全てやめてしまった。

 

 

離脱症状らしきものはすぐに表れた。

体が震え、軽い吐き気がする。全身が痒くなり、腰痛が始まった。

 

次の日にはひどい頭痛がし、首が痛くなった。

そして涙腺が壊れた。

村上春樹の小説を読みながらボロボロと泣いた。

別に悲しい訳でもないのに涙が止まらない。

 

 

断薬から3日目。

苦しさのあまり、カミソリで手首と腕を切って、枕カバーを裂いた

シャシャ(飼い猫)を守らなきゃと強く思い、同時に誰か私を守ってと思った。

体が勝手に動き出しそうな感覚に襲われた。

外に出ると体が勝手に電車に飛び込んでしまいそうだった。

 

 

苦しさから母にラインした。

「もう無理かもしれん」

と送るとすぐに電話が掛かってきた。

スマートフォンがブーッと震える音が怖くてとれなかった。

母に、

「電話恐ろしいけん、やめて」

とメッセージを送ると、

「わかった。無理っていうけんびっくりした」

と返ってきた。

断薬中なのを知っている母は、

「やっぱり薬飲み、飲んだほうがええよ」

と言ってきた。

 

 

母からのメッセージを見ると少し気持ちがゆるんだ。

その言葉に支えられて、それと同時に苦しさに耐えられなくなり、抗うつ薬と抗不安薬を飲んだ。

飲んでしばらくすると少し落ち着いてきて、眠ることができた。

 

 

それからは、真面目に処方された薬を飲んで、だいぶ落ち着くことができた。

 

抗うつ薬は徐々にゆっくり減らさないといけない。

知らなかったわけではなかったが、自暴自棄気味だった私は、えいっと一気にやめてしまった。

 

そして思い知った。
急にやめると、大変なことになると。

 

参考にしてください。

 

ちなみに、そのとき裂いた枕カバーがこちら。↓

落ち着いてから、ちゃんと写真におさめてました。

切り裂かれた枕カバー

 

第1位 リストカットの跡を撮って友達に送る

ナイフの写真

これも、2018年のことだ。

東京のシェアハウスの一室で1人うつうつしていたとき、何年もしていなかったリストカット(アームカット)を再開した。

 

 

カミソリで腕や手首を切ると、はじめは何も感じない。

しばらく待つと赤い筋が浮かび上がり、ようやく痛みを感じ、その痛みで少し楽になる。

 

 

出掛けるときもリュックサックにカミソリを入れていた。

出掛け先で切ることはほとんどなかったけど、カミソリを持ち歩くことで安心できた。

 

 

そしてまた何を思ったか、リストカットした箇所をスマートフォンで撮り、母や仲のいい友達に送った

母からは、

「痛そう」

と言われ、幼馴染からは、

「体を傷つけてほしくない。けど少しでも落ち着くなら無理に止めん。ただ深く傷つけると痕が残ってしまうけん気をつけてな」

とメッセージが返ってきた。

 

 

これには正気に戻ったときに自己嫌悪に陥った。

誰がリストカットの写真など見たいか。

一体何を考えているのか。

 

 

そのときは、ひたすら誰かに苦しいことを分かってほしい一心だった。

1人で苦しみたくない。

私がここで苦しんでいることに気付いてほしい。

その気持ちが異常な行動に走らせたようだ。

 

うつは重症化する前に食い止めろ

以上が、コキリのうつ病黒歴史TOP5でした。

 

うつで苦しいとき、どうにか苦しさを和らげようと、とんでもない行動に走ってしまうことがあります。

それ自体は、ある意味仕方ないかもしれません。

本人は必死なので。

重要なのは、ここまでうつが重症化する前に食い止めることです。

 

もし、みなさんも、こんなことやらかしてしまった、ということがあれば教えてください。

 

ではでは。

 

「脱うつ病」の情報を受け取れる無料メルマガ

 

 

 

 

 

 

 

管理人の小説

『苦しみを吸い取る少女、ナラ』

連載中です。

ぜひご覧ください!

真っ暗な洋館の写真
最新情報をチェックしよう!
>無料メルマガ発行中!

無料メルマガ発行中!

なぜコキリは10年も苦しんだうつを改善できたのか。「脱うつ病」の情報が受け取れるメールマガジン配信中です。

CTR IMG