脱うつへの道しるべを記した無料メルマガ配信中!
日本語の生徒たちと

うつを抱えながら海外生活を強行してみて悟ったこと

 

こんにちは!コキリです。

 

うつ病と格闘していた大学生のときの私の夢は

日本語教師をしながら世界を周る

でした。

 

もともと徳島県出身からの高知大学進学で、日本の田舎という狭い世界しか知らなかった私は、大学で出会った中国語の先生に大きな影響を受け、世界に飛び出す決意をしました。

 

うつの波を繰り返している状態で心配はいくらでもありましたが、

今、行かないと後悔する

という思いが勝り、強行突破しました。笑

 

そこには、

日本から遠く離れたらこの苦しみから逃れられるかもしれない

という気持ちもありました。

 

で、2年半の海外生活(中国&コロンビア)を経験してみてうつの苦しみから逃れられたかというと、そんなことはありませんでした。笑

 

苦しみを生み出す自分自身が変わらない限り、この苦しみはどこまでもついて来ると悟りました。

 

もともとは30歳くらいまでいろんな国で日本語教師をして、帰国したら高校教師になろうと考えていましたが、わずか2か国、2年半で挫折しました。

 

こちらは中国、コロンビアそれぞれの日本語学校の生徒たちと撮ったもの↓↓

中国の日本語の生徒たちと

コロンビアの日本語学校の生徒たちと

 

もちろん、海外で暮らしてみてよかったこともたくさんあります。

1番は

視野がぐーんと広がった

こと。

視野が広がったことがのちのちの自分を大きく助けてくれることになりました。

 

また、一方で強く、図々しくなりました。笑

特に中国は強くないと生きていけない国でした。

強くなれたことでこの世界で生きることへの恐怖が減りました。

 

今思えば、

・自分の問題から逃げずに向き合う
・夢のために動く

どっちも大切で、どっちもやる必要があります。

 

私の場合、夢ばかり追い掛け自分の問題からは逃げ続けたので、うつ病を長引かせることになってしまいました。

 

では、うつ病と戦いながらの中国・コロンビアでの日本語教師生活、そこから学んだ様々な教訓、お伝えします。

きっかけは中国語の先生の言葉だった

高知大学正門の写真

 

大学3回生時、第2言語の中国語の授業は前田文麗先生という台湾人の先生だった。
抽選が行われるほど人気の先生で、私は運よく当選し授業を受けることができた。

 

前田先生自身から滲み出る人間的魅力、オーラに他の学生同様、私もすぐに惹かれていった。

先生は、中国の貧しい地域に学校を建てたり恵まれない子どもに寄付したりというような活動をされていた。

仏教にもキリスト教にも神様にも造詣の深い人だった。

 

 

ある日の授業中、前田先生が教壇でこんな話をされた。

「視野を広げるならここより大きな世界を見たほうがいい。中国語を学ぶなら台湾より中国大陸を体感したほうがいい。大きなものを見たほうがいい。30歳くらまで勉強してても構わないから経験を積むことが大事」

 

 

それまで、私は、

大学卒業したら就職しなきゃ(高校教員になろうと思っていた)
言葉の分からない外国に行くのは怖い

と思っていたのだが、先生の言葉を聞いてハッとした。

目が覚めたような感じだ。

 

 

なんとなく、大学を卒業してすぐに教師になっても経験は浅いし大したことは教えられないと感じていたのだ。

外国にも興味はあった。

とにかく自分を成長させたいと思っていた。

そんなときに私の背中を後押ししてくれる言葉だった。

 

 

さらに、30歳くらいまで勉強してもいいという考えは全く持っていなかったから、大学を卒業したら就職しなきゃと焦っていた私の心をラクにしてくれた。

 

 

先生の生き方にも憧れた。

貧しい子どものために積極的に活動している姿は、素敵だった。

 

自分のことばかりだった私にとって、
人のために
という生き方は、心に突き刺さるものがあった。

 

 

仏教には

自利利他(じりりた)

という教えがある。

他人を幸せにすること(利他)が自分の幸せ(自利)になるという

考え方だ。

 

 

人は自分のことばかり考えていては、苦しくなってしまう。

認めてもらいたい
とか
分かってほしい
とばかり思っていても現実はそうならない。

まずは自分が相手を認める、どうやったら相手のことを分かってあげられるか考える。

人のことを考え動くことで自分の苦しみから離れられるだけでなく、苦しみ自体が減っていくのだ。

 

 

先生はまさに利他を実践することで、穏やかな幸福を手にし、学生たちから尊敬されるオーラを身にまとっていた。

私はこの先生の言葉を信じてみようと思った。

うつ病を押し切っての渡航準備

卒業したら海外で暮らしてみよう。

30歳くらいまで日本語教師として世界を周ろう。

という新たな夢を手にした私は、もともと履修していた教員養成課程に加え、

日本語教員養成課程も受講しはじめ、忙しい日々を送った。

 

 

1か国目は、先生の話を聞いて絶対行きたいと思った
中国
に決めた。

日本の約25倍もある中国のスケールの大きさを肌で感じてみたかったし、中国語もきちんと勉強したいと思った。

 

 

中国に行くと決めて動き始めたものの、3回生時には
うつ病
と診断されていて、ひどいときには授業を1ヶ月休む、苦しくて布団から起き上がれない、体重が10キロ近く減るなどの有り様だった。

 

 

1番大変なときを脱したあとも、軽いうつの波を何度も繰り返していて

こんな状態で海外で生活なんてできるのかな

という心配は当然出て来た。

 

 

だけど、
今行かないと一生後悔する
と思った。

 

 

もしかしたら、

日本から遠く離れたら苦しさから逃げられるかもしれない

という気持ちもあった。

 

卒業後すぐに教職に就くのが怖いという本音もあった。
中国で日本語教師をして教師という仕事が合うかどうか試してみようと思った。

 

 

そこで、主治医に相談したら、
「本当はダメだけど」
と言いつつ薬をたくさん出してくれた。(感謝してます)

 

薬をお守り代わりにスーツケースに詰め、私は中国での生活をスタートさせた。

中国での暮らしのはじまりはじまり

合肥の移動式屋台の写真

 

2011年9月、中国安徽省合肥市での暮らしが始まった。

合肥には大学で出会った友達が住んでいるから、何かあった時に心強いと思い、ここに決めた。

 

合肥はこちら↓↓

合肥の地図

 

 

中国に初めて降り立ったときの感想は、

街が灰色や

だった。

 

道にゴミが落ちているだけでなく空がにごり(青空が見えない)、空気もきれいとは言えなかった(鼻をかんだら黒かった)。

まだ発展途上にあった中国は、工場からの煙や排気ガスやなんやかんやで環境問題に直面していたのだ。

 

合肥の空港&湖。いつも空がにごってる。↓

合肥空港の写真

合肥の湖の写真

 

 

何か買ってみようと商店に入り、商品をレジに持って行くと、なんと店員が携帯電話で通話しながらレジを打っていた。

「あははははー」

と携帯電話片手に笑いながらレジを打つ店員。

これには驚いた。
まさに異文化ではないか。

驚きを通り越して面白くなってきた。

 

 

中国人の友達にこのことを話すと
「中国ではお客様は神様じゃないからね」
と言われた。

なるほど。

日本みたいにお客様が神様なのはやり過ぎな気もするし、だからといってこの中国の対応はフランク過ぎる気がする。中間くらいが丁度いいのかもしれないと思った。

 

 

スーパーや、道路は日本と桁違いに大きかった。
棚にはどれを選べばいいか分からないほど商品が並んでいるし、見渡す景色がでかいのだ。

 

道路↓

中国の道路

 

 

道行く人々は親切だった。
道を聞けば丁寧に教えてくれるし、外国人と分かると目的地まで連れて行ってくれる人もいた。

 

街には人が溢れ、日本では考えられないほど車のクラクションが鳴り響き、安くておいしい屋台が連なり、見るもの全てが新鮮で面白かった。

 

歩行街の様子↓

合肥の歩行街の屋台

 

服や鞄の修理をしてくれる屋台↓

合肥の服修理屋台の写真

 

路上生活者もたくさんいた。
「お金を恵んでください」
と直接話し掛けられることも多かった。

 

お金を入れてもらうカンカンを置いてじっと座っている人もいた。

 

私は持っていた小銭を恵んだりしていたが、路上生活者のあまりの数の多さに途方のなさを感じた。

中国は自己主張しないと生きて行けない国だった

はじめの3か月は中国語を学ぶべく、安徽大学の中国語クラスに申し込み、朝8時から昼まで中国語の授業、そのあとは自由だった。

 

中国語クラスで外国人の友達ができたことも私の価値観を広げてくれた。

 

写真はウクライナ人スーシャの誕生日パーティ↓

中国語クラスの仲間たちと

 

 

自己主張しないと生きて行けない
という問題はすぐに現れた。

 

そもそもの人口が多く、食堂での注文もタクシーを拾うのも待っていては永遠に順番が来ないのだ。

並ぶという習慣がないため、食堂では注文口に人が殺到。

頑張って前に出て行き大声で注文したいメニューを叫ばないと食事にありつけない。

タクシーも争奪戦で、止まったと思ったら走って行って行先を告げないとすぐに他の人に取られてしまう。

 

要するに、強くないと生きていけなかった。

 

はじめこそ戸惑ったけど、生活する上でだんだんと私自身も強く、図々しくなっていったと思う。

 

 

中国語コースを受講し始めてしばらく経った頃、そろそろ仕事をと思い、日本語学校に面接に行った。

学生数が100人くらいの小さなスクールだった。

面接官は30代の日本人男性で、フィリピン人の奥さんと娘さんを連れて日本から移住してきていた。

 

面接といっても外国で日本人同士という連帯意識があるからか、始終なごやかな雰囲気で、

「じゃあ、研修から始めましょう」

とあっさりと採用が決まった。
 

 

初授業。

中国人の学生の前に立ち、話をするのだが、不思議とあまり緊張しなかった。
私はあがり症で悩んでいたため、

あれ?おかしいな

と思ったが、先輩先生からも

「堂々としていてよかったよ」

と褒められて、自分自身も上手くできたと思ったから、それが自信へとつながっていった。

 

 

上手くいった理由としては、

自分は外国人という解放感

がプレッシャーを減らしてくれたからだと思った。

私の体感としては、ここは日本じゃないと思うと3割増しくらい大胆になれる。 

 

 

こちらは日本語学校の風景。日本語を教えるだけでなくいろんなイベントがある。

写真は書道のイベント↓

日本語学校の書道のイベントの写真

異国の地でのうつ病の再発と孤独

うつ病の症状が出始めたのは、1年を過ぎたくらいからだった。
軽いうつの波が頻繁に行き来するようになったのだ。

 

……やばい

 

サインバルタ(抗うつ薬)とリーゼ(抗不安薬)を前に、しばらく飲むかどうかを悩んだ。
折角止めていた薬をまた飲み始めることに抵抗があった。

 

うつの程度も軽いし、飲まなくてもいいのではないか。

だけど、万が一重症化してしまったら……。

日本じゃないしやっぱり不安だったから、大人しく飲むことにした。
飲み始めには吐き気があったけど、しばらく横になっているとおさまった。

 

 

うつの波を自覚して数日が経ったとき、ベッドから体が起き上がらなくなってしまった。
仕事に行かなくてはいけないのにしんどくて動けない。

 

 

休むしかないと思い日本語学校に電話した。
だけど中国人の上司に

「実はうつ病で……」

と言う勇気は出なかった。

言う必要もない気がした。そこで

「ちょっと体調が悪いので休ませてください」

と連絡するだけに留めておいた。

 

 

ベッドで1人うつの波と戦っていると、不安と恐怖にやられてしまいそうだった。
しばらく再発していなかったことで安心していたのに、結局また繰り返している。
中国で暮らしてだいぶ強くなったように感じていただけにショックだった。

 

 

大学の終わり頃からは、

病気の私も私、受け入れるぞ!

と思っていた筈なのに、うつの苦しさを前にすると

やっぱり嫌だ、治れ、治れ、治れ!!!

としか思えなかった。

そして治ったら2度と再発してくれるなと思った。

 

 

私が真剣に自分の内面と向き合い、うつの自分を受け入れられるようになったのは、ずっとずっとあとのことだった。

 

 

自分の弱さと対面するのは辛かった。

嫌なイメージばかりが頭の中をグルグル回り、自分で自分を攻撃し、しまいには全人類が敵になって批判してくるという妄想に憑りつかれた。

 

だめだ、壊れる。

 

中国で精神科の病院に行こうとは思えなかった。

日本から薬を持って来ていたからというのもあるし、体の病院に行ったときの対応が適当すぎたからというのもあるし、自分の中国語が精神科でうつの病状を説明するには乏しいという事情もあった。

 

 

しかし、外国の地で1人で病気と戦うことは、あまりにも孤独で耐えられなかった。

 

 

私は意を決して中国人の親しい友達、露露(るる)に
「実は、うつ病なの」
と中国語で言ってみた。

返ってきた反応は
「……うつ病って何?」
だった。

 

 

中国でもうつ病患者はたくさんいると聞いていたが、露露は知らないようだった。

それでも、彼女とやりとりしていると少し元気が出てきた。

少なくとも露露と喋っている間は、うつうつした気分がどこかに行っていてくれた。

1人じゃないと実感することで不安が減り、やたらと焦っていた気持ちが少し落ち着きを取り戻してきた。

 

露露(右)と撮った1枚↓

 

露露との1枚

 

 

うつはゆっくりゆっくりと回復に向かっていった。
仕事時間を減らしたりストレス解消にダンス教室に通ったりすることで、自分を調整していった。

 

 

中国での生活がもうすぐ2年になるという頃、そろそろ国を変えてみようと思った。
アジア以外の国を見てみたいという気持ちが強くなっていた。

 

そこで、新しい国を求めて仕事を探し始めた。

インターネットでアジア以外の国の日本語教師募集を探し、見つけたのはアメリカとメキシコとコロンビアの日本語学校だった。

3校ともスカイプで面接を受け、結果、アメリカとコロンビアの日本語学校に合格することができた。

 

 

アメリカとコロンビア、どちらに行こうか迷ったが、今を逃せば地球の裏側を見る機会は2度とないかもしれないと思いコロンビアに行くことにした。

 

スペイン語ができないという問題はあまり気にならなかった。

治安の悪さやまだ内戦中ということも気には掛かったが、

日本も地震があるし、危ないのはどこも一緒

と開き直り、行くことに決めた。

 

たぶん中国で2年間生活して肝っ玉が大きくなったんだと思う。

コロンビアでの生活始動

2013年7月、エルドラド国際空港に到着した。

 

コロンビアで暮らすことになったのは、首都のボゴタだ。

ボゴタは標高が2640メートルもある。(富士山の8合目くらいの高さだ)

青空がきれいで、山に囲まれた街だ。

道もすごく清潔だった。

空気は少し薄かったけど、すぐに慣れた。

 

ボゴタの風景↓↓

ボゴタの虹の風景

 

四季がなく、7月でも涼しい穏やかな気候だった。

帰国のときは2月だったのだが、そのときも変わらず涼しく過ごしやすい気候だった。

夏や冬がないというのは、私にとってはすごくありがたかった。

特に冬にうつが重くなる傾向があったから、寒くならないのが嬉しかった。

 

 

コロンビア人は黒や白や褐色やいろんな肌の人がいるが、アジア人は珍しいから出掛けた先で、
「日本人?中国人?韓国人?」
とよく声を掛けられた。

私は覚えたてのスペイン語で
「日本人です」
と答えていた。
声を掛けてもらえるのが嬉しかった。
 

 

 

今回は中国のときと違ってスペイン語コースなどは受講せず、すぐに日本語学校での仕事を始めた。(2年間の就労ビザを取得していた)

 

日本語教師としての仕事は、中国のときよりずっと大変だった。

 

中国人と違い、コロンビア人の学生は漢字を知らない。だから、

困ったら漢字を書けば何とかなる

という中国でのやり方は通用しなかった。

 

 

さらに私は中国語が多少できるのに対し、スペイン語はほとんどできない。

日本語を日本語で教えることは難しかった。

ジェスチャーを使い、英語を使い、絵を書き、日本語の上手な学生に助けてもらい、なんとかやっていた。

 

学生たちはみんな優しく、そんな私を受け入れてくれた。
同僚にはもう1人日本人の先生がいて、彼女も何かと励まし、助けてくれた。

 

日本語学校の授業風景↓↓

ボゴタの日本語学校の風景

 

職員室でコロンビア人の同僚と↓

ボゴタの職員室。同僚と。

 

住まいはホームステイで、学生の家に格安で住まわせてもらっていた。
全部で4つの家にお世話になった。

朝ご飯付きで、アレパというトウモロコシの粉で作ったパンやシリアルなどが出された。
どの家にもお手伝いさんがいて豊かな暮らしぶりだった。

 

ホームステイ先の家族↓

ボゴタでのホームステイ先の家族

 

だけど、1歩家の外に出ると路上生活者もいて、中国同様貧富の差の激しさがうかがえた。

 

まだ内戦をしていた(2年後に和平する)こともあり、治安が悪く、出掛けると道のあちこちに警察官が立っていた。

 

コロンビア人の校長先生から

「橋は絶対歩いて渡らないように。暗くなってからの公園もだめ。強盗がいるから。日本人の先生は一目で外国人と分かるから特に気を付けて」

とも言われていた。

 

頭から血を流した男性が倒れていたり、アメリカ人旅行者が刺されたというニュースが入ってきたり、治安の悪さは確かに感じられた。

 

きれいな青空に、陽気で優しい人たちなどの明るい面と、内戦・殺人・強盗等の暗い面が同居しているというのがコロンビアの率直な印象だった。

2年の予定をわずか7ヶ月で帰国した

さて、優しい人たちに囲まれていたにも関わらず、数か月経っても私は強烈な文化の違いに慣れることができなかった。

慣れられないという事実に、かなり困った。

 

慣れられなかった主なものがこちら↓↓

・暴走バス(通勤に使っていたのだが運転が信じられないほど荒い)

・コロンビア料理(おいしいが種類が少なく飽きる)

・ほっぺにキスの挨拶(初対面でも礼儀だからしなきゃいけない)

・スペイン語(できなくても何とかなるというのは甘かった)

・飲み会のときに踊るサルサ(男女ペアがスピード感のあるステップを繰り広げる情熱的なラテンダンス)

 

 

もしも旅行で来ているなら

わあ、日本と全然違う!おもしろーい

で済んだかもしれないが、生活していくとなると話は別だった。

 

 

私は言葉ができさえすればと思い、毎日スペイン語を勉強し、日本から持参したカレーや味噌汁で自分を元気付け、休みの日には街に繰り出してブラブラ歩きをしたりした。

 

 

それでも慣れることはできなかった。

地球の裏側を体験してみたいという好奇心だけで乗り切れるほど生活は単純ではなかった。

日本や中国には存在しなかった南米ならではの要素が、だんだんと心を圧迫してきた。

心と体のストレスが溜まっていってしまい、体調を崩しがちになった。

 

 

ストレスは熱や発疹となって表れた。

ホームステイ先のお父さんに病院に連れて行ってもらい、おしりに注射を打ったり寝込んだりした。

授業も何度か休んでしまった。

 

 

うつ病も苦しいけど、熱や発疹も苦しい。
いろんな苦しみがあるものだなあと、熱で火照った頭で考えた。

 

それにしても自分はこんなに遠くまで来て、寝込んで迷惑をかけて、何をしているのだろうと思った。

 

ホームステイ先のお父さんとお母さんに

「大丈夫?何がほしい?」

と心配されるたびに申し訳ない気持ちになった。

 

 

それはそうと、ひどいストレスを感じてはいたが、うつ病特有のゆううつ感や苦しさがあまり起こらなかったのは、ボゴタに冬がないからではないかなと疑ってみた。

 

初めてうつ状態になったときが冬だったからか、関係ないのかは分からないが、私は寒くなるとうつが深刻になる傾向がある。(冬季うつなのかもしれない) 

冬のないボゴタでは、たまにごく小さなうつの波が行き来することはあったけど、中国にいたときほどではなかった。

 

となれば、南国に移住すれば、苦しいうつ病と離れられるのではないかとかも考えてみたが、たとえうつにならなくても生活上のストレスや自身の問題を解決できなければ苦しいのに変わりないと思い直した。

 

 

ボゴタに住み始めてから半年が過ぎ、体調の優れない日が続き、だんだんと帰国を考え始めた。

実は教師という仕事へのやりがいを失いつつあったし、慣れない食事にもいよいよ嫌気がさしていた。

 

 

何よりも体調を崩して、ホームステイ先と職場に何度も迷惑をかけている状況が辛かった。

 

 

さらにこのタイミングで仕事からの帰宅途中に強盗に遭ってしまい、お金、ノートパソコン、携帯電話を盗られるという事態になったことでいっそう帰国への思いを強め、2年の予定をわずか7ヶ月で帰国することになってしまった。

 

 

強盗に対してははじめこそ怒りを感じたが、コロンビアの不安定な国事情を思うと、

あの強盗は貧乏で仕事もなく、国や制度の助けを得ることもできないのかもしれない。

内戦で家族を亡くしたのかもしれない。

自分は日本という平和な国で育ったから強盗をしようなどと考えたことはないが、境遇が違えば自分だって分からないではないか

考え直した。

うつを抱えながら海外生活を強行して分かったこと

飛行機から見た景色

 

日本に帰る飛行機の中で、

もう海外を放浪するのはやめよう

と思った。

 

心のどこかに

日本から逃げ出せば楽になるのではないか

という期待があった。

どこかに苦しみのない世界があるかもしれない

と、子どもみたいなことを考えていた。

 

 

だけど、そうではないことが分かった。

どこに行っても、日本から遠く離れてみても自分が変わらない限り苦しみはついて来る。

自分自身の経験としてそれを悟った。

 

 

海外生活を経験して1番よかったことは、

視野がぐんと広がった

ことだ。

多様な文化に触れ、日本で育んだ価値観だけが全てじゃないと実感した。

生きている世界が広く大きくなった感じだ。

要するに

生きやすくなった。

 

また、

自分自身が強く図々しくなれたことで、以前ほどびくびくしなくなったし、生きる恐怖が少し減った。

 

 

他にも2年半の外国暮らしで分かったことは色々ある。

 

まとめると ↓↓

苦しみはどこまでもついてくる。どれだけ遠くに行っても自分が変わらない限りついてくる

視野をぐーんと広げるには海外生活はもってこい

自分を強くするのも海外生活がうってつけ

・毎日出勤する働き方無理

・「食」が合わないと死ぬ

日本人として育んできた価値観が全てじゃない

・自己主張しないと存在してないことになる(特に中国)

・ほっぺにキスする挨拶や飲み会でのダンスはけっこうきつい

冬季うつは冬のない国では再発しないかも

自分が犯罪など犯さずにいられるのは安全で平和な国に生まれ育ったから。内戦していたり発展途上国で生まれたら自分だってどうなるか分からない。

 

 

ちなみに生活までしなくても、海外旅行するだけでも視野の広がりや価値観の広がりは感じられるし、その後の人生において大きな価値を生み出すと思う。(コロナが終わってからだが)

うつが辛いかたへ

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

うつと格闘しながら海外生活をしてみて、なんといっても

視野・価値観が広がり生きやすくなったこと

強くなれたことで生きることの不安や恐怖が減ったこと

この2点は大きな大きな収穫でした。

 

しかし、

海外に行ったからといって自分の内面の問題から逃げられるワケではなく、そこはきちんと向き合うしかないことが分かりました。

 

はじめにも書きましたが、

・自分の問題から逃げずに向き合う
・夢のために動く

どっちも大切で、どっちもやる必要があります。

 

また、本文に登場した、仏教の
自利利他(じりりた)
の教え。

これは本当に苦しみを減らしてくれるので、また詳しく紹介します。

 

 

それでは最後に、本文と関係ありませんが、中国とコロンビアで見た1番きれいな景色を紹介してお別れしたいと思います。

 

中国の九塞溝(きゅうさいこう)↓↓

九塞溝の写真

 

コロンビアのイルミネーション↓

ボゴタのイルミネーション

 

長くなりましたが、なにかお役に立てることがあったら嬉しいです。

コメントお待ちしてます。

 

「仏教式脱うつ病情報」を受け取れる無料メルマガ

管理人の小説

『苦しみを吸い取る少女、ナラ』

連載中です。

ぜひご覧ください!

日本語の生徒たちと
最新情報をチェックしよう!
>無料メルマガ発行中!

無料メルマガ発行中!

なぜコキリは11年も苦しんだうつから脱却できたのか。「脱うつへの道しるべ」が受け取れるメールマガジン配信中です。仏教で脱うつへ。

CTR IMG