無料メルマガにて「脱うつ病」情報発信中!
ハートの画像

軽いうつを無視して働き続けた人の末路

こんにちは!コキリです。

 

うつ病には、いろんな程度があります。

「ちょっとゆううつだな」くらいから、「全く動けない、息するのも苦しい、トイレすら行けない」という重症のケースもあります。

 

私はどちらも経験しましたが、気を付けるべきなのは、「軽いうつ」のときです。

「少しくらい辛くても我慢しよう」

こう思って働き続けた結果、私は結局、「うつが重症化する→仕事を辞める」を繰り返してしまいました。さらには難病も発症し、うつも重症化してしまいました。残されたのは大きな絶望でした。

 

軽いうつ状態のときこそ、自分の心と向き合うべきときなのです。

 

 

「なんか最近やる気出ないな」

「何やっても楽しくないな」

「朝起きるのがしんどい」

今回は、こんな方に必見のお話です。私と同じ道を辿らないように、ぜひ一読してみてください。

 

作業所での勤務→うつで辞める

2014年、東京で暮らし始めたばかりの私の心は希望に溢れ、ワクワクしていた。

2年半の海外生活を終え、新たな生活の拠点として選んだこの大都市で、どんな出会いがあるのか、どんな生活が待っているのか、楽しみで仕方なかった。

 

ゲストハウスのアルバイトをしつつ、フルタイムの仕事を探し、たどり着いたのがもともと興味のあった知的障害者の作業所での仕事だった。

 

福祉の仕事は初めてだったが、本やネットで予習し、住まいも職場近くのシェアハウスに移し、通勤用の自転車も購入し、準備万端だった。

 

作業所での仕事は、予期しないことの連続で大変だったが、やりがいもあった。私はなんとか仕事に慣れようと、必死に食らい付いた。

 

しかしながら、数か月たったころから、私の心は徐々に辛くなっていった。

 

だんだん朝起きるのがしんどくなり、勤務中に頭が働かなくなり、先輩に注意されたり同僚に心配されたりするようになった。

 

それでも、心の不調を無視して働き続けた。

折角東京で見つけた仕事だし、なんとか頑張り続けたかった。

 

そんなある日、腰に違和感を覚えた。生理のときだったから生理痛だと思ったが、何日経っても痛みが治まらない。おかしいと思い整形外科を受診したところ、椎間板ヘルニアだった。

 

療養のため仕事を休み、シェアハウスで寝ている間に、さらに悪いことに本格的にうつ病が再発してしまった。(発症は大学生のとき 詳しくはプロフィール参照)

 

うつ病再発を機に、折角見つけた仕事も辞めてしまった。わずか7か月の勤務だった。

ドーナツ工場での勤務→うつで辞める

うつを治すため、病院に通い始めた。薬を飲み、ひたすら横になる生活を数か月続けた。

 

そして、何とか働けるまでに回復したとき、今度は、ドーナツ工場での職を得た。

 

ドーナツ工場での仕事は、作業所に比べて気楽な部分が多かった。主な仕事はドーナツのデコレーションで、先輩が丁寧に教えてくれるし、難しくなかった。

これなら続けていけると思った。

 

調子がよかったから、掛け持ちで火鍋のお店でアルバイトも始めた。そちらもなかなか順調だった。

 

体調に変化が現れたのは、それから1ヶ月くらい経ったときだったと思う。

なんかだるい。休みの日なのに何もする気が起きない。

こんな状態がしばらく続いた。

 

だけどいつもの悪いくせが出た。

まだいける

 

私は、心のサインを無視して働き続けた。

 

気が付いたときには、布団から起き上がれなくなっていた。

しんどいから「苦しい」に変わっていた。

 

「すみません、うつで動けないんです」

ドーナツ工場の先輩に連絡した。火鍋の店にも連絡した。

情けなかった。なんて迷惑な人間なんだろうと心底、自分が嫌になった。

 

中華食堂での勤務→うつで辞める。さらに難病「膠原病SLE」発症

絶望的です, 悲しい, 押し下げられました, フィート, 手, 折り畳まれました

長い休みを取った。もう同じことが起きないように、うつをきちんと治そうと思った。じっくり時間を掛けて休養を取った。

 

長い長い人生の夏休みを終え、元気になったところで、中華食堂での仕事を始めた。いきなりフルタイムでは働かず、ランチタイムのホール+店長の親戚の男の子の家庭教師をした。

 

順調だった。2年間、うつが再発しなかった。

 

これなら仕事を増やせると思い、六本木ヒルズの免税カウンターで掛け持ちで働き始めた。

 

心がまた、不調を訴え始めたのは、免税カウンターで働き始めてしばらく経った頃だった。

 

とにかく眠い。仕事中なのに耐えられないほど眠い。

 

1度、仕事中に胸が苦しくなりカウンターにうずくまっているときに、お客さんが運悪く来てしまい、無表情のまま接客をしてクレームをもらった。

 

こんな状態だったにもかかわらず、私は自分を抑え、仕事を続けることを選択した。

 

それからしばらく経ったころ、顔に赤い発疹が出始めた。

気になって皮膚科に行ったところ、医者から膠原病内科を紹介される。

 

色んな検査をした結果、難病の「膠原病SLEと診断された。

免疫が敵ではなく自分の細胞を攻撃してしまうという病気らしい。

そこで免疫抑制やくを飲み始めた。軽症なので、日常生活は普通に送れるとのことだった。

 

軽症といえどもショックだった。特にショックだったのは、医者から言われた次の言葉だった。

「紫外線は浴びないようにしてください。それと、子どもを産んだら悪化するかもしれません」

これを聞くと、なんだか、自分自身の可能性が大きく狭まった気がした。

 

その後、難病になったショックもあり、私は本格的にうつ病も再発してしまった。

 

軽い不調だったのが、難病になり、

さらにはその後、本格的にうつ病も再発してしまったのだ。

 

軽いうつを無視して働き続けた結果はあまりにも残酷だった。

・仕事を何度もやめたことによる自信喪失

・難病の発症

・うつ病の重症化

・絶望

 

もしも、症状の軽いときに対処していたら、こんな風に何度も同じ過ちを繰り返し、うつがここまで重症化することもなかったかもしれないのに。

ああ、あのとき心の声に耳を傾けていれば・・・・・・。

今思えば、本当にバカだったと思う。

 

この危機的状況をどう脱したのか。

それはまたの機会にお話します。

今、うつうつしている人へ

もし、今、心や体が何か不調を訴えているのなら、無視せずに聞いてあげてください。

「仕事を休みたい」

「これ以上頑張れない」

「ゆっくり眠りたい」

など、何かあなたの本音が聞こえてくるはずです。その声をぜひ実行してあげてください。

大変なことになる前に、行動してください。

 

「脱うつ病」の情報を受け取れる無料メルマガ

管理人の小説

『苦しみを吸い取る少女、ナラ』

連載中です。

ぜひご覧ください!

ハートの画像
最新情報をチェックしよう!
>無料メルマガ発行中!

無料メルマガ発行中!

なぜコキリは10年も苦しんだうつを改善できたのか。「脱うつ病」の情報が受け取れるメールマガジン配信中です。

CTR IMG