脱うつへの道しるべを記した無料メルマガ配信中!
銭湯の画像

強制的にうつを軽くする方法~温冷浴のすすめ~

 

こんにちは!コキリです。

 

いきなりですが、タイトルにもなっている温冷浴って知っていますか?

 

温冷浴とは文字通り、熱いお湯と冷たい水風呂に交互に入って、体中の血液の巡りをよくし、自律神経を整え、体調を劇的に改善する入浴法です。

さらに脳から神経伝達物質のセロトニンが放出され、めちゃくちゃ気持ちいい状態を作りだすことができます。

 

私は軽いうつの波を繰り返していた時期、近くの銭湯に通い温冷浴を定期的に行っていました。

やると勝手にセロトニン増えて、うつが軽くなります。

首や肩の凝りもとれます。

体も心も気持ちよくなります。

無心状態にもなれます。

ついでに美肌効果もあります。

だからめちゃくちゃオススメです。

 

近くに銭湯や温泉がないという方は、家の湯船に熱いお湯を張り、水風呂の代わりの冷たいシャワーを浴びてください。

それも厳しい方は、洗面器を2つ用意して、熱いお湯と冷たい水に交互に足を入れてみてください。

それだけでも効果があります。

 

では、温冷浴の詳しいやり方、効果のお話。

始めます。

温冷浴と出会った

銭湯の画像

 

軽いうつの波を繰り返していた、2015年。

私は東京のシェアハウスで暮らしていたため、お風呂は共同でシャワーのみ。湯船につかりたいときは、銭湯を利用するしかなかった。

 

幸い近くに「梅の湯」という改装されたばかりの銭湯があったので、そこに行っていた。

 

いつ頃からだったか忘れたが、銭湯の壁に

温冷浴(交互浴)のすすめ

という案内が貼られた。

 

これではないが、こういう感じの↓

温冷浴の説明の画像

 

貼り紙の説明によると、熱いお湯に入ると交感神経が優位になり、冷たい水風呂に入ると副交感神経が優位になる。

それを交互に繰り返すことで自律神経のバランスがととのう

湯冷めしない入浴法とも言われており、体から冷気を追い出すことができる。また、幸せホルモンが出て、脳を気持ちいい状態にしてくれる

 

ほんまか?

と思ったが、興味があったので、やってみることにした。

温冷浴のやり方

 

やり方

①熱い湯船(42度)につかる。(水風呂に入って平気なくらい体を温める)

②水風呂(14~18度)に1分入る。

③これを7回繰り返す。(回数は自分で調整。やりすぎ注意)

 

※注意

高血圧の方、心臓や肝臓など内臓に持病のある方、発熱のある方、体調の悪い方は、避けましょう。また高齢の方は、行う前に医師に相談してください。

温冷浴の神がかった効果

 

幸せいっぱいの女性の画像

 

さて、実際にやってみると、

熱いお湯に入るのはいいのだが、水風呂には入り慣れていないと、足をつけただけどヒャッとなった。笑

 

私がなかなか肩までつかれずにグズグズしていると、そばにいたおばちゃんに、

「お姉ちゃん、ガバっとつかるのよ。ガバっと。そうしたら寒くないから」

と注意される始末。笑

 

おばちゃんの言う通り、一気に肩までつかると確かにすぐに冷たさを感じなくなった。

 

1回目2回目3回目くらいまでは、特に変化を感じないが、4回5回6回と繰り返すうちに、明らかに脳と体が変わってくるのが分かった。

 

まず、体から冷気が抜けた

本当に口から冷たい空気が出て行くのが分かった。

 

それから、だんだん周りから喧騒が消えた。

銭湯だから利用客の話声とかがするのだが、それが消えて、水の音だけが大きくなって、無心状態になった。

頭から思考が消え、何も考えていない状態。

ただ、水の音だけが響いている状態。

世界の中に溶け込んでしまったような感じ。

 

うつを繰り返していた私は、常に思考して頭がパンク状態だったので、無心になれたことで久しぶりに頭を休めることができた。

それだけでもめちゃくちゃ意味があった。

さらに、自分という個が薄まり、世界の中に溶け込んで一体になったような感覚がすごく気持ちよかった。

 

10回くらい繰り返したと思う。

銭湯から上がるときには、快感状態になっていた。

気持ちがいいのだ。

そしてその気持ちいい状態が数時間続いた

 

さらっと言ってしまったが、普段の生活の中で気持ちいい状態が何時間も続くことってない。

普通、気持ちいいことがあってもすぐにまた元に戻ってしまう。

それが数時間も続いたのだから、驚いた。

 

これは、もうハマってしまった。

体中に血が巡るし、無心になれるし、何よりも気持ちいい。

うつ状態から強制的に脱出させてくれる、魔法のような数時間なのだ。

 

銭湯代470円(東京)のみクリアできれば、あとはいいことしかない。

 

ちなみに、銭湯まで行くのしんどい、銭湯代もないというときは、家で洗面器に熱いお湯と水を張って足を交互につけた。

これは、体の血流をよくする方法なのだが、家で簡単にできるのでオススメだ。

うつが辛い方へ

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

うつ病というのは、脳の病気です。

私は普段、徹底的に自分と向き合い苦しさを取り除こうという脱うつメソッド(「仏教式書く力」)を提唱していますが、併用して温冷浴をするとめちゃくちゃいいです。

 

脳が変わるのが分かります。

勝手に幸せホルモン(セロトニン)出て来ます

思考を止めることができるのも魅力です。

うつ病の人は考えすぎてどんどん苦しさを増幅させてしまうので。

 

だから、温冷浴、ぜひ試してみてください。

 

 

「仏教式脱うつ病情報」を受け取れる無料メルマガ

 

管理人の小説

『苦しみを吸い取る少女、ナラ』

連載中です。

ぜひご覧ください!

銭湯の画像
最新情報をチェックしよう!
>無料メルマガ発行中!

無料メルマガ発行中!

なぜコキリは11年も苦しんだうつから脱却できたのか。「脱うつへの道しるべ」が受け取れるメールマガジン配信中です。仏教で脱うつへ。

CTR IMG