無料メルマガにて「脱うつ病」情報発信中!
never stop dreaming の画像

うつのときこそ成功体験を積むべし。

 

こんにちは!コキリです。

 

ずっとやりたいけどできていないことってありますか?
私は、ありました。
それは、猫を飼うことです。

 

 

2014年に東京に来てから数年間、私はシェアハウスに住んでいました。
だから到底、猫は無理だとあきらめていました。

自分のスペースは6畳の1部屋しかないし、他に10人くらいの住人がいるし。

それに、なんどもうつを繰り返していて、ペットの世話なんてちゃんとできるのか、不安でした。

 

 

だから、猫の動画を見たり、猫グッズを買ってみたり、将来の猫との生活を想像してみたりして欲求を抑えていました。

 

 

しかし、私はどうしても生活を共にしてくれる猫ちゃんが欲しくなりました。

 

 

それで、ダメもとでシェアハウスのオーナーに掛け合いました。
「あの、無理だと思いますが、猫を飼いたいんです」

すると、オーナーが、一言、
「ん?猫?全然飼っていいよ」

 

まじっすかーーーーーーーー。

 

 

だけど、まだ、もう1つ問題が残っていました。
この繰り返すうつの波の中で、本当にペットの世話を責任もってできるのか。

 

 

悩みました。
できないなら、やめておいたほうがいい。
だって、命を預かるんだから。

 

でも、ずっと夢だったし、うつだからって諦めてしまっていいのだろうか。

 

私が出した答えは、
NO
でした。

 

うつ病だからって、諦めたくない。
やりたいことはやる。
それは、うつ発症時、大学生のときに決めたことでした。

 

 

それからの、私の行動は早かったです。
瞬く間に欲しかった猫を手に入れたのでした。

 

猫を飼う準備をしている間、うつうつも引っ込んでいてくれました。
むしろ、ワクワクしていました。

 

飼い始めてから、心配していた
うつで世話がちゃんとできなくなる
ということも、ありませんでした。

 

しんどいときはあったのですが、

私がシャシャ(猫の名)を守らなきゃ

という使命感が、餌と水やりだけはさせてくれました。

 

 シャシャはこちら↓

シャシャ(飼い猫)の写真

 

 

他にも、実現できたやりたかったことは、いくつもあります。

 

うつのときって、気持ちが後ろ向きになって、

もう何やってもダメだ

と思ってしまいます。

 

今日は、うつのときこそ成功体験をというお話です。

もちろん、しんどいときはたっぷり休むことが大切です。
だけど、体調はまあ大丈夫だけど失敗が怖い、とか、もっと悪い状況になるんじゃないかと思って行動できないとかいうときは、やりたい気持ちを大切にしてみてください。

わき脱毛

わき脱毛の画像

 

私が東京でやりたかったことの1つは、何と言っても「わき脱毛」だ。

最近は毛を剃らない女子も出てきているらしいが、私はムダ毛が大嫌いだった。

ムダ毛も嫌いだし、ムダ毛処理も嫌い。

何とかつるんとした肌を手に入れたかった。 

特に濃い毛の生えるワキは悩みの種だった。

 

 

東京に出て来た2014年、電車の中でよく脱毛の広告を見かけた。

そこに書かれていたのは、

「わき脱毛通い放題200円」

という衝撃の内容だった。

知らない人もいると思うが、脱毛って結構高いのだ。

それが、200円でできるなんて夢のようだと思った。

 

 

だけど、友達に相談すると、

「それ、わき脱毛は200円かもしれないけど、他の部位も勧誘されると思うよ。そっちが高いんだと思う」

と言われた。

なるほど。

わき脱毛200円だけではサロンはつぶれてしまう。

これは、客を呼ぶための手段なのだ。

 

 

私は急に心配になった。

それと言うのも、私は断ることが苦手だからだ。

やりたいのは200円のワキ脱毛だけ。

だけど、他の部位の勧誘もされたら、果たしてうまく断れるだろうか。

 

 

それと、もう1つの大きな問題。
脱毛サロンに通うなら、

予約する→店に行く

という流れをクリアしないといけない。

 

 

当時、うつに悩まされていた私は、

予約したときにちゃんと店に行く

ということが、苦手だった。
本当に苦手だった。

 

実は何度も病院(精神科)をすっぽかしたことがある。
友達との約束をドタキャンすることもしばしばだった。
(すみません。。。。)

 

 

起きようと思っても、ゆううつで起き上がれないことがあるのだ。

 

 

だから、サロン的なところに通うのは、難しい気がしていた。
そこで一旦、わき脱毛の夢は諦めてしまった。

 

 

 

しかし、しばらくするとまた脱毛への想いが膨らんできた。

私は、やりたいことは全てやると決めていたのだ。

 

 

そこで、勇気を出してサロンを予約した。

やりたいことだから、多少うつっぽくても、きっと起きられると自分に言い聞かせた。
当日、わき以外の部位を勧誘されたら、はっきり断るイメトレもした。

 

 

そして、その日がやってきた。

1つ目の試練は、予約時間にサロンに行くこと。
これは、わりとあっさりクリアできた。

2つ目の試練は、ワキ以外の部位はきちんと断ること。

 

 

個室で脱毛についての詳しい説明があったあと、スタッフのお姉さんとこんな会話をした。

 

「わき脱毛ご希望ということですが、他に気になっている部位はありますか」

「えっと、そうですね、足と腕も気になります」

「足と腕ですね、では、こちらのプランがよろしいかと思います」

 

お姉さんから提案されたのは、15万円くらいのプランだった。

それは当時の私には到底、払える金額ではなかった。

 

あれ?

やばい。

何で正直に気なってる部位、答えちゃったんだ・・・・・・・。

やばい、

 

 

私がしどろもどろになってる間に、15万円のプランの話がどんどん先に進んで行く。

 

やばい、

やばい

15万円なんて、

ほんとうに、

出せる金額じゃない。

 

私は、自分自身を鼓舞して、胸のドキドキを抑えて、なんとか声を出した。

「あの、ワキだけのプランでお願いします」

お姉さんは一瞬動きが止まったが、すぐに笑顔に戻った。

「ワキだけのプランですね、分かりました」

 

やった。

言えた。

 

こうして、私はめでたく、200円だけを支払い、わき脱毛通い放題を手にしたのだ。

 

予約時間にきちんと店に行く、断りたいことは断わるという成功体験を積めたことは、私にとっては大きな進歩だった。

 

ワキ脱毛契約後も、予約をすっぽかすことなく、通うことができた。(なんとか)

ちなみに、のちにお金ができてから、腕と足の脱毛にも通ったのだった。

逆立ち

逆立ちの画像

 

子どもの頃からずっとやりたくてできなかったことの1つが、「逆立ち」だった。

 

小学生や中学生の体育の時間、マット運動というのがあったのだが、私はそれが大の苦手だった。

特に逆立ちに関しては、壁を使っても全くできなかった。

友達が補助してくれてもできなかった。

そもそも恐怖しかないのだ。

それで、できないまま放置して大人になった。

 

 

別に、逆立ちなどできなくていいのではと思うかもしれないが、私は大人になってからも、どうしても逆立ちができるようになりたかった。

できないまま人生を終えたくなかった。

 

 

そこで、当時住んでいたシェアハウスの一室で練習しようと試みた。

だけど、やっぱり怖くて、床に手を付くところまでしかできなかった。

怖くて足を上げられないのだ。

 

 

自分の力ではどうしようもないと悟った私は、体操教室を調べ始めた。

先生がいればできるようになると思ったのだ。

 

ここでも、また、あの不安が出て来た。
通う
なんてこと、自分にできるのだろうか。

 

1回だけ行って、ダメになったらどうしよう。

それに、

新しい場所、
新しい人
新たな挑戦
怖い

 

私は、また、尻込みし始めた。

 

とにかく、
時間通りに通う
ということが、怖いのだ。

 

うつで動けなくて、急なキャンセルを繰り返して、先生に呆れられたらどうしよう、などと考えては後ろ向きになっていた。

 

で、結局どうしたか。

 

怖い怖い
と思いながらも、

やりたいことやらないと後悔する

という思いが勝って、私は体操教室に通い始めた。

 

 

それは、大正解だった。

先生は私に逆立ちのコツを教授し、瞬く間に成功させてしまったのだ。餅は餅屋、とはこのことだ。

 

私は、

いよっしゃーーーーーーーーーーーーーー

と心の中でガッツポーズした。

これは本当に嬉しかった。

 

 

その後もしばらく体操教室を続けたのだが、暗いうつの波にやられ、先生に、

「どした?しんどそうだな、大丈夫か?」

と心配されることもあった。

 

レッスン中にしんどくなって、練習を中断して他の人のを見ているだけのときもあった。

 

それでも、やってよかったと思っている。
先生に心配をかけてしまったのは申し訳ないが、レッスン料は払っているのだし、やらずに後悔するよりずっといい。

うつになって、やりたいことができなくなるのでは?と思っている方へ

 

私は大学生でうつを発症したとき、
将来、やりたいことができなくなるのでは
という恐怖がありました。

だけど、そんなことはありませんでした。

それは、私が、
やりたいことは諦めない
と決めたからです。

まず、こう決めることが大切です。

 

これは、うつ病であろうがなかろうがとっても大切なことです。
やりたいこと(大きいことでも小さいことでも)が何なのか分からない人は、ぜひ、1度自分と向き合ってみてください。

 

そして、小さくてもいいので成功体験を積んでください。

成功体験の積み重ねが、自信になって、自分を助けてくれます。

 

失敗するのが怖いかもしれませんが、失敗しても、やりたいのにやらなかったという思いが残るより全然いいです。

失敗したけど挑戦はできた、というだけでも自信になったりします。

それに、失敗したらこのやり方は違うんだ分かり、結局成功への近道になったりします。

 

では、今日はこの辺で。

 

 

脱うつ病情報を受け取れる、無料メルマガ配信中!登録は

管理人の小説

『苦しみを吸い取る少女、ナラ』

連載中です。

ぜひご覧ください!

never stop dreaming の画像
最新情報をチェックしよう!
>無料メルマガ発行中!

無料メルマガ発行中!

なぜコキリは10年も苦しんだうつを改善できたのか。「脱うつ病」の情報が受け取れるメールマガジン配信中です。

CTR IMG