脱うつへの道しるべを記した無料メルマガ配信中!
シャワーの画像

シャワーを倒すには

 

こんにちは!コキリです。

 

うつのとき、私はシャワーを浴びるのが本当に億劫でした。

1週間くらい浴びずにいると匂いが気になるだけでなく、何だかダメ人間になったような気がして、ますます落ち込んでいました。

 

シャワーだけではありません。

洗顔も、掃除も、料理も、洗濯も、重症のときにはトイレまでもがしんどくなってしまいました。

 

うつでしんどいときに、これらの行動のハードルを下げるにはどうすればいいか。

今日のお話、はじめます。

シャワーのはハードルを下げる方法

シャワーの画像

 

うつうつしているとき、日常生活のすべてが億劫になった。

その中でも、特にハードルが高かったのがシャワーだ。

 

シャワーってしんどくないですか?

 

服を脱いで、

お湯を出して、

頭を洗って、

体を洗って、

タオルで髪と体を拭いて、

また服を着て、

肌を整えて、

ドライヤーで髪を乾かす。

 

シャワー浴びようってなったら、この一連の流れが頭に浮かんで、それだけで嫌になる。

すっごい大仕事な気がしてしまうのだ。

 

それで、

今日もいいや

ってなって、シャワーを浴びない日が続いてしまう。

 

冬はまだいいが、夏だとかなりキツイ。

臭いし、暑いし、情けないし。

 

ああ、またシャワー浴びれなかった

私って、ダメ人間

 

ますます落ち込むし、体が汚いと、出掛けようとか、何かしようという気持ちもしぼんでしまう。

 

こんな状態だった私だが、シャワーのハードルを下げる方法を探し実行したおかげで、無駄に落ち込むことがなくなった。

 

では、どうやってシャワーのハードルを下げたのか。

 

第1の方法は、

髪はたまに洗う

である。

 

おい、結局それかと思われたみなさん、
髪の毛は毎日洗うもの
という常識をまず疑おうではありませんか。

 

髪の毛を毎日洗わない民族なんてざらにいる。

私が昔住んでいた中国でもそうだった。

 

ちなみに、日本でも
シャンプーの広告の歴史を探ってみると、1932年には、
「せめて月二回は!髪を洗って下さい」
1965年には
「5日に1度!」
というキャッチコピーが見られる。

 

1980年代には、中森明菜がCMで、
「信じられる?ティーンの2人に1人は毎日シャンプーしてるって」
と言っている。

 

90年代半ばには、
髪はほぼ毎日洗う
というようになったようだ。

 

要するに、日本人が毎日髪を洗うようになったのは、シャンプーメーカーの戦略だったということが分かる。

 

 

私はうつのとき、髪の毛は結んで、顔と体だけ洗うことが多かった。

髪を洗うのは4日に1回くらい。

これで、びっくりするくらいシャワーのハードルが下がる。

 

第2の方法は、

道具を使うことだ。

 

髪の毛を洗わなかったが、やっぱり気になるというとき、私は

ドライシャンプー

を使っていた。

 

ドライシャンプーとは、髪の毛に直接スプレーして、シャンプー後のようなさらさら感をもたらすものだ。

 

私が使っていたのはこれ↓

 

 

さらに、シャワー自体無理だというときは、

ビオレさらさらパウダーシート(全身を拭いて汚れ、匂いを取る)と

リフレア(脇に塗って匂いを取るもの)

が大活躍だった。


 

このような文明の利器を使うことで、かなり精神的にラクになる。

道具を使って行動のハードルを下げる

 

シャワーだけではない。

 

どうしても歯磨きができないときは、

マウスウォッシュ

を使えばいい。

くちゅくちゅ、ぺっだけで、だいぶ口の中がすっきりする。

 

ちなみに私はミントが苦手なので、ハーブ系のを使っている。

参考までに。↓

 

料理が辛いときは、

もっぱら、弁当やお惣菜

を頼っていた。

 

それで全然いいのだ。

 

さらに、掃除のハードルを大幅に下げてくれた素晴らしい道具がある。

コードレス掃除機だ。

 

掃除機って、コードにつなぐってだけで、面倒臭いものだ。

それが、コードレスだと充電さえしておけば、いつでもヒョイっと手に取って、埃を吸い込める。

 

別に、さあ掃除しようって気合い入れなくても、ちょっと手に取って掃除できてしまう。

すごく、便利だ。

 

ちなみに私は

パナソニックコードレスハンディクリーナー

を使っている。

9000円くらいだったと思う。

 

うつで仕事もあまりできてないのに、そんなお金かけられないと思う人もいるかもしれないが、行動のハードルを下げるための投資はしたほうがいいと私は思っている。

 

私も昔は、

なるべくお金を使いたくない

どうしても必要なもの以外にお金を使うのはもったいない

と思っていた。

必要なものも、安く済ませようと頑張っていた。

それで、安物買いの銭失いをやりまくっていた。

 

別に高いものを買えという訳ではないが、あまりにも安いものはすぐにダメになることが多い。

 

値段は置いといても、道具というのは偉大だ。
行動のハードルを下げてくれ、
体的にも、精神的にもかなりラクにしてくれる。

 

 

もう1つ。

これは女性だけのお話だが、(男性の方、すみません)

うつのときに、生理が来たら、最悪だった。

 

ただでさえしんどいときに、

ナプキンなんて変えてられるかー

ってなった。

 

で、起きれなくて、布団を血の海にしたこともある。(聞きたくない方、すみません)

 

そこで、寝るときに、使うようになったのが、

吸収型のサニタリーショーツ+超熟睡ガード420だ。

 

吸収型のサニタリーショーツとは、もし漏れてもショーツが経血を吸収してくれるというすぐれものだ。

ズボンや布団を守ることができるのだ。

 

 

さらに、42センチのナプキンはショーツの端から端まで届くから、吸収型のサニタリーショーツと組み合わせると最強だ。

 

 

他にも辛いときの日常生活の工夫は、いろいろあるが、それはまたの機会に。

考え方を変えてみるって大事

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

今日は、シャワーのハードル(行動のハードル)をいかに下げるか、というお話をしました。

うつのときは、普段なら普通にできるようなことでも、しんどくなってしまいます。

 

だから、

髪は3日に1回洗えばいいや

とか

道具に頼ってみよう

とか、考え方を少し、変えてみてください。

 

あなたの日常生活が少しでもラクになるように、工夫してみてくださいね。

 

では、今回はこのへんで。

 

私はこんな工夫をしているというのがありましたら、ぜひコメントで教えてください。

 

「脱うつ病」の情報を受け取れる無料メルマガ

 

管理人の小説

『苦しみを吸い取る少女、ナラ』

連載中です。

ぜひご覧ください!

シャワーの画像
最新情報をチェックしよう!
>無料メルマガ発行中!

無料メルマガ発行中!

なぜコキリは11年も苦しんだうつから脱却できたのか。「脱うつへの道しるべ」が受け取れるメールマガジン配信中です。仏教で脱うつへ。

CTR IMG